2013年04月

留学時代


主人がアメリカに留学時代の親友が

先日、来日に一緒に取った写真だった

時が流れが速いわね

こんな年になったわ
100_5120
4-8-P-520-IMG-1040407-PrinzessinTakamado
4-8-P-IMG_5209


竹の子

週末の帰りに

竹やぶに一人女性がいた

やった ずーと竹やぶに入りたかったので

今がチャンスだ

「今日は」と声を掛けたら

親切な返事が頂いて

嬉しーい

「この竹やぶ立入り禁止なのかしら」と聞いたら

「持ち主はうちですよ」と返事が帰ってきて

そこでいろいろと話しながら

竹の子の堀り体験もさせて貰い

その上で竹の子も頂いたので
100_0540
100_0541

そこで30時分以も留まった

竹の子を持って駅に向かえた

今日は、豚肉を買って

竹の子と煮付けし
100_0544

美味しかった

ご馳走様













縁日の出店で

赤ちゃんの緑亀を買ったのは

17、8年前の事だった

今、立派な子供亀と言えると思い

名前はチョッウチョウと呼んでいるけど

最近、名前を呼ばなくなって

亀と呼んでいる

チョッウチョッウの

毎日定番朝食はパナナだった

美味しそうに食べている

だから、家の亀さん

便秘はしない
100_0538100_0537
100_0539







礼拝

賛美歌312番

いつくしみ深き 友なるイエスは、
罪とが憂いを とり去りたもう、
こころの嘆きを 包まず述べて
などかは下ろさぬ 負える重荷を、

いつくしみ深き 友なるイエスは、
われらの弱きを 知りて憐れむ、
悩みかなしみに 沈めるときも、
祈りにこたえて 慰めたまわん

いつくしみ深き 友なるイエスは、
かわらぬ愛もて 導きたもう、
世の中友われらを 棄て去るときも、
祈りにこたえて 労わりたまわん

久しいぶり

今日の礼拝の賛美歌は

私好きな312番だった

嬉しいくて、早く歌いたいな・・・・・ぁ

って

一旦、歌う始まると涙が止まらなくなって

歌う事ができなかったわ

この賛美歌の歌詞は一つ一つ私の心に刻む

一番苦し、悲しい時

私を救い、慰めの賛美歌だった

通勤路でいつも口にするのも

この賛美歌だった

不思議のは毎日生活の中で

いつも励ましてくれてる

100_0532100_0534
100_0530
100_0529100_0533
100_0534
100_0535




ビール

週の後半で

ちょっと疲れてるかな・・・・・ぁ

と思ったら

コンピュータと印刷機は

私より先にダウンしてしまった

時間もそろそろだし

今日はここでお終い

ちょっと早めに

事務所に出た

帰り電車の乗り換える駅構内で

長い行列を見て「何」

ちょっと覗いて見たら

わぁ・・・・・・・

ビールを貰えるって

飲めない私も長い行列の最後に立った

順番になったら

一本缶ビールを頂いて

よく見たら

ノンアルコールだった

嬉しいわ
100_0527

6時半頃家について

久しいぶり夕飯の支度

若くないから健康も考えないとね

できるだけ作る様にするけど

なかなか出来ないわ

野菜一杯食べる様に努力しているわ
100_0524100_0526
100_0525












プロフィール

miki20110521

習慣の違い、言葉の壁、 無我夢中で仕事と子育っての国際結婚です。 ふーと気が付いたら、もう60代になりました。 今、主人と二人の生活です。

記事検索
ギャラリー
  • 酢菜と豚肉の饅頭
  • 血糖値
  • 血糖値
  • 鍼
  • また 頂きました。
  • また 頂きました。
  • また 頂きました。
  • インスタントラーメン
  • オーガニックお菓子
読者登録
LINE読者登録QRコード